言葉の発達

言葉の発達

言葉の発達

育児をする際に悩んでしまうことで頻繁に気になってしまうことに、自分の子の言葉の発達に関わるものがあります。
同じように育児をしている母親同士の会話の中にも、今どのような言葉を話すかなどということが話題になります。

よその子供のボキャブラリーが多いと、自分の子はうまく発達できていないのではないか、何か問題があるのではないかと悩みを持つ母親も多いようです。
子どもが話せるようになるには、喃語と呼ばれる赤ちゃんだけの言葉から発していきます。
喃語に関しては何か意味があるわけではなく、「クー」や「バブバブ」といったものが多いでしょう。

次の段階に進むと、「ブーブー」「ワンワン」など言葉に意味を持たせて話すようになります。
1歳半から2歳にもなると、成長が早い子なら2語文を使うようにもなるといわれています。
そうは言っても、これらはしょせん目安の話です。
自発的な言葉は少なくても、お母さんが言っている内容は理解して聞いているようです。
はじめにいろいろな言葉を聞いて、たくさんの言葉をためこんでから話すようになる子もいます。

言葉が発達する段階も、子供によって大きく異なります。
発達の度合いを他の子と比べて善し悪しを判断したり気にしたりするのは、無意味と言えるでしょう。
お母さんが精神的に参っている状態で育児をしていると、子供にもその不安な気持ちが伝染して、かえってスムーズに進めていくことができなくなります。

ただし、安心できない言葉の遅れも可能性としては有り得ます。
耳の聞こえが良くなかったり、なんらかの原因があることもありえなくはないのです。
子どもの言葉の成長度合いについて一人で悩みを抱えているのであれば、まずはいつも行っている小児科や保健センターで話を聞いてもらいましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ