子供を公園に

子供を公園に

子供を公園に

育児期間中にはいろいろな悩み事が起こります。
社会の第一歩となる友達関係もまた、育児に取り組むお母さんは悩みに挙げるものです。
赤ちゃんの間は、家庭に自分と子どもだけで暮らしていても特に気にすることはないはずです。

子どもが歩けるようになると、同じ年頃のお友達と遊ばせてあげたくなります。
公園で、または子どもサークルで、トラブルに発展するような場合もあるでしょう。
社会生活が始まる保育園や幼稚園での行動は、悩みや不安を抱えるのが親というものです。
問題を起こすのも泣くのも嫌がるのも、親としては非常に嫌な気持ちになったり将来が不安になるでしょう。

しかしながら、大人より子どもについては優れた順応性や柔軟性を持っているので、次第にお友達と仲良く遊べるようになります。
そうは言っても、争いごとが起きたり、時には他のお子さんにけがをさせてしまうことはあるのも事実です。

過剰に気にしても意味がありませんし、どうしようもないことです。
小さい頃の子どもというのは、自分が優先的にしたいこととというのが行動を決定する基準となっています。
相手のことを考えて行動できるようになるのは、何年も先の話であることを理解しておきましょう。
子どもの友達関係以外でも、お母さん達やその他の大人の友達とのお付き合いもやっかいな悩みごとの一つと言えます。

母親の中では「公園デビュー」とまで言われるほど、友達ができるかできないかは育児をしているママにとっては重要なポイントになっているようです。
大人の友達関係は、小さい子どものように簡単にはいかないことが多いので、さらに複雑になってしまうこともあるでしょう。
もし友達関係に悩んでしまったら、無理は禁物です。
自分にとって心地いい距離を保つ、別の場所で違う友達を作ってみるなど、楽観的に考えるようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ