離乳食の悩み

離乳食の悩み

離乳食の悩み

赤ちゃんは毎日成長を続け、それぞれの段階で育児の仕方が変わりゆくものです。
新生児から数ヶ月経つと、おっぱいだけを飲んでいた赤ちゃんが離乳食を食べるようになります。

続いてこの離乳食が、育児を行う上での悩みに発展することがあるようです。
悩みの内容で多いのは、スムーズに離乳食を食べてくれない、食べている時に集中していない、どんな離乳食を作ったらよいのか、などでしょう。
離乳食は、ペースト状に変化するまですりつぶしたおかゆなどをスプーン1さじからスタートします。

しかしいくらおかゆでも、赤ちゃんにとっては初めてなので、飲み込むことは容易ではありません。
口に含ませてもすんなりと飲まずに舌で押し出してきたりします。
これはどの赤ちゃんにも見られることで、数日で慣れてきてきちんと食べるようになります。

赤ちゃんによって食べられる量は異なるので、育児書に示されてる量より少なくても、あるいはその量では足りないという場合も心配ありません。
離乳食初期は食べる練習の時期ですから、母乳やミルクは離乳食に関係なく飲ませましょう。
最初の離乳食は、栄養を摂る為に食べるというより、食べるということを覚えて、食べることに関心を持たせます。

少しずつでも食事量が増せば、思い悩むことはありません。
離乳食も進み、食べることに慣れていくと、遊び食べの時期がやってきます。
これも成長には欠かせないことで、色々な物に興味が行ってしまうので、離乳食をしっかり食べてくれなくなるのです。
延々と続いてしまう遊び食べは、母親としては苛立ってしまいがちです。
遊び食べの開始に気づいたら、30分程度に時間を設定して、食事を切り上げてしまいましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ