トイレトレーニングの悩み

トイレトレーニングの悩み

トイレトレーニングの悩み

育児の中でも、トイレトレーニングは困難を伴うことが多く、長い時間を費やすことになります。
オムツがはすれないのが、いちばんの悩みとして挙げる母親も多いようです。
トイレトレーニングにチャレンジするのは、育児書よりも子どもの体の発達具合から判断する方がよいでしょう。

トイレトレーニングを始める時期の見分け方としては、おしっこの間隔が2〜3時間程あいている、しっかり歩行ができることなどを確認してからとなります。
また注目したいことは、自分がしたいことを他の人に言えるかどうかです。

おしっこが出たと自分で分かるようになって、言葉やジェスチャーなどで主張できるようになっていれば、トイレトレーニングを開始してもいいでしょう。
トイレに腰掛けさせてみたり、2人でトイレに行ったりと、トイレへの興味が生まれるようなことをいくつか行ってみましょう。

また、子供が慣れ親しんでいるキャラクターに頼ることもいいでしょう。
しかしながら、実際の育児は本に書いてある通りには進みません。
勿論トイレトレーニングもすんなりいかず、つまずくことなく進んできたというのに、突如として後退し始める場合もあります。

きちんとできないことが立て続けにあると、お母さんはやきもきしてしまい、子供も母親が焦っている気持ちを感じてストレスを感じてしまうこともあります。
トイレトレーニングの悩みが大き過ぎて重苦しい気分なら、しばらくお休みしてからまた再開してもいいでしょう。

つらい気持ちばかりが先行しているようでは、必要以上に時間がかかることになり、それ以外に育児でやるべきこともできなくなります。
子どもの一人一人に時期の差はありますが、オムツは時期がくれば外れます。
他人と比較するのではなく、子どもの調子を伺いながらイライラせずにトレーニングを継続していきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ